3年ブログ

適応障害と診断された2016年8月スタート。3年間は書き続けようと決め、現在7年目になりました。

MENU

#6 わたしを表すTOP 10『行きたい場所』

f:id:nukoblog:20220212194056p:plain

コロナ禍で満足に遠出することもできない日々が続きますが、行ってみたい場所を想像するだけなら気兼ねなくたのしめます。

せっかくなので、実際に行ける場所から、夢を見て「ちょっと無理かなぁ」と思う場所まで考えてみました!

 

 

行きたい場所 TOP10

実現可能なものから順に書き出してみました。

 

1.純喫茶

彫刻のオブジェとか置いてあって、絵も飾ってあったりする純喫茶に行ってみたいです。

探せば電車で行ける距離にありそうですが、なんだか恥ずかしくて行けません。でもこれを書いたことをきっかけに訪れてみようかなぁ。誰かを誘うのもアリですね。

そこでゆっくり本を読んでいたい。

 

2.しっとりしたバー

f:id:nukoblog:20220212191832j:plain

バーに行ってみたい。これは数年前から言っているけどいまだに実現できていない夢のひとつです。

最寄り駅の近くに複数あるのですが、入っていいのか自信がない。はじめましてでもなんとかなるのだろうか。そして一番気になるのは、中で何をしたらいいのかがわからないってこと。

読書するには集中できなさそうだし、店員さんやたまたま居合わせた客と会話するのもレベルが高く感じてしまう。

そもそもなんでバーに行ってみたいかというと、薄暗い部屋のすみっこのほうで、静かに読書する時間を満喫したいから。あれ、別にお酒いらないじゃん。なんかないかな、そういう場所。あったら教えて下さい。

 

3.カメラの工場

趣味で使っている、カメラやレンズの製造過程を見に行ってみたいです。工場見学ですね。

いま気になっているのは、長野県にある株式会社コシナ。ここのレンズを普段からよく使っています。

 

f:id:nukoblog:20220212183500j:plain

このレンズを作っているメーカーです

 

4.屋久島にある海中温泉

正しくは、平内海中温泉。昨年長野県で働いていたとき、行ったことがある人の話を聞いて興味を持ちました。

潮の満ち引きで入れる時間が限定されており、男女混浴、水着の着用は禁止、更衣室はなく岩陰で着替えるという、なんとも開放的な温泉。(笑)

1人で行く自信はないので、友達か恋人と行ってみたい。

目の前が海、というより海の中にある温泉なので、とても幻想的で素晴らしい体験ができるんだそうです。

 

5.シカゴ美術館

f:id:nukoblog:20220212192251j:plain

もともとここは学校だったらしいです。

のちに美術研究所となり、作品が寄贈されていって美術館と呼ばれるようになったとか。詳しくはわからないけどとにかく行ってみたい。

お目当てはアメリカの画家、エドワード・ホッパーの絵画。この人の絵が本当に好きで、ぜひ本物を現地まで見に行きたいと思っています。英語はしゃべれないのでツアーか、誰かと一緒に。

 

6.フランツ・カフカの墓地

20世紀を代表する小説家。彼の墓は、チェコのプラハから少し外れた場所にある新ユダヤ人墓地にあります。

朝起きたらイモムシになっていた、で有名な『変身』のほかに、理由のわからないまま裁判を起こされる『審判』、永遠に仕事をさせてもらえない『城』など。彼の小説はどれも好きです。

墓地だけでなく、彼のすごした町並みも訪れてみたいな。

 

 

7.石畳みのあるヨーロッパ都市

f:id:nukoblog:20220212191614j:plain

やっぱり1度は行ってみたいよな〜。

1時間だけでもいいから歩いてまわりたい。もちろん写真を撮りながら。お花屋さんとかパン屋さんとかカフェとか、いろんな店を見てみたい。

昔、テレビで『世界ふれあい街歩き』という番組をやっていて、毎週視聴していました。1日中さんぽする番組で、見ているだけでも美しく感動的でした。

 

8.深海

f:id:nukoblog:20220212191301j:plain

深い深い海の底って、なんだかゾクゾクしませんか……?

たまに水族館で深海展をやっていたりしますが、あれけっこう好きです。想像できないような姿かたちをした生き物をみると、この世には本当に知らないことがたくさんあって不思議だなぁと感じます。

深海に行くにはゴツいカプセルに入らないといけないわけですが、あれには簡単に入れないでしょうね。

潜水艦のツアーなら、ハワイでやってたりするそうです。深海まではいかないけど、そういうのもロマンがあっていいなぁ。

 

9.絵画の中

これはもう不可能ですね……と書き出してから思いましたが、VR技術があればできるのかも!?

絵の中に入れたら、すごくたのしそうじゃないですか。僕が一番入ってみたいのは、先にも触れたエドワード・ホッパーの絵。なかでも代表作『ナイト・ホークス』に入ってみたい。真夜中の路地の角にあるバーを描いた作品です。

f:id:nukoblog:20220212175653p:plain

Edward Hopper.Nighthawks,1942.The Art Institute of Chicago.

 

10.ミレニアム・ファルコンの中

これも無理か……と思ったけど、やっぱりVRで今後叶うのかも。(笑)

ただ僕は中に入りたいだけでなくて、これに乗って宇宙を旅してみたいんですよね〜。

宇宙を眺めながら銀河群を抜けてみたいなぁ。

スターウォーズに出てくるミレニアム・ファルコンでも満足ですし、スタートレックのU.S.Sエンタープライズ号でもいいです。

 

 

さいごに

さて、好きかってに行きたい場所を書き連ねてみました。

書いた感想としましては、単純にたのしかったです。想像をふくらませるだけならタダですし、実際に訪れることができる場所なら現実味が増してきますね。

純喫茶は最寄り駅にあるので、一番はやく実現できそう。今後いったらレポートします。

ではまた〜。

 

 

☆読者登録はこちら

☆Twitterはこちら