3年ブログ

2016年8月に始まり、残り1年を切りました。振り返ったとき、このブログが転機になったと言えるように。そう願っています。

『水滸伝』弓の名手、花栄の放つ矢がすごい。

f:id:nukoblog:20180529215114j:plain

この『水滸伝』は全19巻あり、本日15巻目を読み終えました。ほんの2時間ほど前のことです。

非常に興奮した内容だったので、その中から1人を紹介しようと思います。紹介するのは、弓の名手の花栄です。

水滸伝のあらすじ

ざっくり解説します。

『水滸伝』は歴史小説です。宋という国と、世直しをはかる梁山泊軍との決戦物語です。

三国志みたいな感じ、というと伝わりやすいかもしれません。この物語は国vs国ではなく、国vs反逆軍のストーリーなんですね。

民から不当な税をとる役人、腐敗した政治、不誠実な法律。そんな世はおかしいとして、世直しをはかる者たちが集まりました。

梁山泊軍には多くの猛者がおり、その中でも今回は「花栄」という男にスポットを当てます。今回読み終えた、15巻目のヒーローです。

弓の名手:花栄

花栄は弓の使い手でした。

しかし戦では弓の腕を披露するタイミングがなく、示したのは梁山泊軍に加わったときだけ。入山するとき、からかってきた者に見せつけるようにして、矢を岩に打ち込み、割って見せたのです。大きな岩でした。

そんな弓の名手ですが、戦場をまるごと圧倒したシーンがあります。

舞台は河の近くの戦場です。梁山泊軍の本営がすぐ近くにあり、敵がもっとも兵力を注いできた激戦地でした。河で防ぎきれず、敵を陸へあげてしまい、砦も次々に破られていきます。

梁山泊軍が必死の防戦をしているときのこと。花栄は戦場を見渡せるよう、最後の砦の一番上にいました。ここが破られたら、もう終わりです。

「よし。それなら、小李広と呼ばれた私の弓を、そばでよく見ているがいい」

矢が差し出された。

見える。前線にいる小隊長。まだ、矢が届く距離ではない。それでも花栄は矢をつがえ、無造作に弓を引き絞ると、すぐに放った。狙った男の躰は、しばらく立っていて、それから棒のように倒れた。

前線が、少し下がる。洗浄全体が、しんとしていた。


間をおかずに矢をつがえ、当たるはずのない距離から狙った敵を射抜いていきます。全員、みごとに胸の真ん中を矢が貫通していきます。

砦の上にいる花栄は、全身が敵から丸見えです。かろうじて味方が1人、楯で守ってくれています。

敵の前衛が交替し、再び別の小隊が近づいてきます。敵も、今度は楯をかまえているようですが、どうでしょうか。

敵は、前衛が交替していた。楯を出し、近づいてくる。

後方の指揮官。一枚の楯。花栄は弓を引き絞った。息を吐くと同時に放つ。楯を突き抜け、指揮官は仰向けに倒れた。

二人目。憤怒が、ようやく全身から噴き出してくる。気づいた時は、十名ほど楯ごと射倒していた。


戦場がどよめきます。

威圧された敵は下がりすぎるくらい後退していきます。敵味方を含め、とんでもないものを見てしまったといったふうな、不思議な空気が流れます。

この時、花栄の前には楯を持った1人の味方がいましたが、「すげえものを見た」とつぶやいたのち、倒れて死んでしまいます。来たときにはすでに傷だらけの状態でした。

みなが、極限状態で戦っていたのです。そんな場面で放たれた、花栄の弓矢でした。

その後、梁山泊軍の別部隊が大きな街を1つ占領します。宋軍も各地に散っていて守備が手薄だったのです。これを機に、戦はギリギリのところで終結しました。

いよいよクライマックスへ

f:id:nukoblog:20180529214635j:plain

わたしが今読んでいる、北方謙三氏の『水滸伝』は、全19巻あります。上の話は15巻目の内容です。明日から16巻目に突入します。

これまでは表上の、戦場での戦いがメインでした。これからは心理戦になるようです。互いの諜報部隊が探りをいれつつ、16巻目では暗殺部隊が大きく動くようです。

花栄の紹介でも一部文章を引用しましたが、一文一文が短いため、臨場感が出ています。戦の一瞬一瞬が伝わり、心臓が高鳴ってくるほどです。

19巻目まであと4冊。すでに手元にそろっています。6月中には読み終えるでしょう!

ではでは!!

www.masato07.com