3年ブログ

3年間続けようと思い、現在7年目になりました。ネコ派ですが、最近ゴールデンレトリバーが可愛いくてしかたないです。

MENU

あの理不尽さがクセになる。無限に遊べるゲーム「風来のシレン」

 

ゲームの話です。

普段はやらないのに、年に1〜2回くらい突然やりたくなります。

 

 

タイトル画面。プレイ時間は90時間。

 

3つの魅力

入るたびにマップの形が変わる“不思議のダンジョン”。マップの形をはじめ、道具やモンスターの配置も変化する。そのため、同じダンジョンであっても毎回異なるシチュエーションが生まれ、常に新鮮な気持ちでプレイが可能。

風来のシレン公式HP

 

1000回遊べると謳われていますが、おそらく無限に遊べます。

その魅力を簡単に3つご紹介。

 

①判断力

囲碁や将棋のように、こちらと敵が1ターンずつ行動します。ときには一手間違えるとゲームオーバーになることも。

どこへ動くか、どの道具を使うか。シビアな選択を迫られます。

この緊張感が魅力の1つです。

 

②アホ

道具名がアホです。

ややこしいんだよな。

  • 石:全方位に投げられる石。
  • 右:右にしか投げられない石。
  • 薬草:体力を回復。
  • 楽草:楽しい気分になるだけ。

緊張感のなかのこのゆるさ。

ゲーム内での緊張と弛緩のバランスが良いんだよね。

 

③断末魔

「ああーっ!!」

「ぬぉーっ!!」

「やめろーっ!!」

 

無慈悲で理不尽なことばかりです。

だけどたまにミラクルもある。それが最高。

そのミラクルを最後まで持ち逃げできればいいだけど……そうはさせてくれないのがシレンです。

 

プレイ様子

プレイ画面
2フロア連続でモンスターハウス

モンスターハウスに当たってしまうと、大量のモンスターに囲まれる。

今回はそれを2回連続で引き当ててしまった。

運悪すぎ。(^^;)

ゲームオーバー寸前のシーン

あぁダメだこれ……。

有力な道具はない。移動もできない。

ゲームオーバーです

おしまーい。

ゲームの電源入れて遊び始めて40分くらい。その間に喜怒哀楽がある。ジェットコースターだね。

 

「これはツイてる!!」のあとに、「あ。これ終わったか?」ってことがよくある。

この無慈悲な感じがたまらないクセとなり、年に数回思い出して手を出すんですね。中毒性のあるゲームです。

頭を使うので、長時間はできないのはある意味メリットかも。

 

さいごに

このゲームに限っては、他人の悲鳴はものすごく楽しいものです。(笑)

 

(URLからそのシーンにすぐ飛びます)

・壺を拾うシーン


https://youtu.be/ow0cCgSmCWM?t=13181

この壺なんだ?割れないやつか?

→ウオアァァァァッ!!!(死亡)

 

・ウシの巻物


https://youtu.be/9W8UdSV3kmE?t=3271

牛の巻物ウッシッシ〜♫

→ウオアァァァァッ!!!(死亡)

 

自分でやっててもこういうことある。

最高なんだわ。

ではまた。

 

www.masato07.com