3年ブログ

3年間続けようと思い、現在7年目になりました。ネコ派ですが、最近ゴールデンレトリバーが可愛すぎてしかたないです。

MENU

友人が20代最後の写真展に来てくれた

 

東京、銀座で開催中の『第6回塙塾グループ写真展 ”旅路”』に、大学時代の友人が来てくれました。

今回はそのお話。

写真展開催についての記事はこちら。

 

友人

在学中も含めると、10年くらいの付き合いになります。ほぼ毎年会っていますが、写真展に来てくれたのは今回がはじめて。

彼も写真展自体に来たことがなかったようで、おもしろがっていました。

 

「写真展ってどんな感じなの?」って人へ。

ほとんど無料で見れるし、勝手に入って好きに見て帰る。ホントにこれだけです。撮影者に話を聞きたい人は、質問してもOKって感じです。

 

彼と一緒に写真を見たり解説をしたりしたあと、近くの喫茶店で休憩。ジャズの流れるおしゃれな場所でした。

コーヒー1杯750円。さすが銀座。

 

会うときは必ず居酒屋で食事をし、最後にルノアールでコーヒーとチョコレートケーキで締める。

これが我々男2人のスタイルです。

 

今回は昼から居酒屋へ。お酒とお刺身を食べ(ホタテが超うまかった)、アルコールも入っていろんな話をしました。

毎年会ってるんだけどな。話すことって尽きないんだよな。不思議。

 

2時間くらい飲んだのち、お決まりのルノアールへ。コーヒーとチョコレートケーキ。ここの深く沈むソファは気持ちいよね。ここで3時間くらい寛ぐ。

時刻は夜の20時。

 

東京駅まで歩いて散歩をし、21時すぎまでベンチに座っておしゃべり。

夏は暑くてキライですが、夜風に吹かれて夜景を眺めるのはとても心落ち着く時間でした。

 

 

東京駅の正面通路で、結婚式の前撮り?のカップルたちが6組ほどいました。

周囲の人たち(我々を含む)に見られながらの撮影って、緊張しないのかな。それに6組もいて、背景ってどうなってるんだろうか。写り込んでたりしないのかな。

 

21時をすぎるとごはん屋さんがやってなくて、探し回った末、有楽町のサイゼリヤを発見。食事をして、別れて電車に乗ったのは23時過ぎでした。

 

たくさん話をしたけど、何を話したか半分以上覚えていない。(笑)

仕事とお金のやりくり、恋愛、趣味のこと、共通の友人の現在について、……とかとか、いろいろ話したな。

 

彼女ってどうやったらできるんだろうねって言ったら、逆に紹介してよと頼まれた。紹介できる人なんていません。オマエは元カノ4人もいるだろ。こっちが紹介してほしいさ。

 

さいごに

あと数日で20代が終わり、30歳になります。

たかだか1歳年を取るだけですが、やっぱりひとつの区切りだと感じているし、ステキな時間が過ごせていると思います。

ありがたい。

 

長い付き合いの人と定期的に会っていると、進行形の小説を読んでいるみたいに思えます。「この人はこのあとどうなるんだろう」って。

それは自分自身も同じなんですよね。

 

人生を一つの映画に見立ててみよう、そうするとつらいときも乗り越えられる。

 

どこかでそんな話も聞きました。

 

 

20代に感謝だな。

 

www.masato07.com