3年ブログ

適応障害と診断された2016年8月スタート。3年間は書き続けようと決め、現在7年目になりました。

MENU

幸せな夢をみた。そこからいろいろ考えた。

 

今朝は、幸せな夢をみました。

 

昨年長野県で一緒に働いていた人たちと、夢のなかで会えたのが一番幸せでした。

寝起きはよくないほうですが、今朝はそのおかげか「幸せな夢をみたなぁ」という気持ちで身体を起こしました。

 

 

不思議な夢

でも夢だからか、ところどころよくわからない部分もあって。

たとえば、ハーブを摘んでいる人たちが3人出てきたのですが、そのうちの一人が僕に話しかけながらハーブを摘んでいます。僕はしゃがんで、植えられているハーブを手で触っては匂いをかいで、ああいい香り、こっちのもいい香りだ、という具合でたのしんでました。

けれど、そのハーブたちはなぜかペーパークラフトで作られているんです。触っている感触は植物そのもので、摘んでいる人の手元をみてもちゃんとハーブなのに。なぜか見た目は紙になってる。よくわからない。

 

あと不思議だったのは、トカゲが出てきたこと。

窓の隙間からニホントカゲ(シッポがきれいな青)が入ってきて、手のひらに載っけようとするのだけれど離れていってしまい、家具の下に入り込む。でもそこにはカエルかなにかが何匹かいて、食べられちゃう……。

 

 

印象的な夢を見ると、きまって「夢占い」で検索します。(笑)

今回も調べましたが、あんまりよくわかりませんでした。でも、夢をみていて全然嫌な気はしなかったので問題だとは思っていません。

 

夢っておもしろいですよね。

今朝はそれで目が覚めて、しかもいい天気で、風が心地よく、久しぶりに気分がいいです。ホント、久しぶりに。

関係ないかもですが、昨夜にタロットカードのYouTube動画をみました。何度か気が向いた時に見てて、今回もなんとなく。

そしたら、動画の人が「今年の5月ってツラくなかったですか?わたしはすごくツラくなってしまって動画をしばらくお休みしてしまいました。なんか大アップデートがやってきたって感じだった」ですって。え、僕も相当ツラかったんですが。。そういうことだったのかな。

 

解釈がすべてだよね

けっきょく全部そうだと思う。それこそ幸せとか、ツライとかも。

生きていく上で都合のいい解釈をしていく(選んでいく)というのは、ある意味生きていく上での一つの戦略といえそうです。だった選べるのなら、いいほうを選ばない理由がないから。

 

だけれど、固執することは柔軟性を損なわせます。違うものには攻撃的になったりもしますね。

大事なのは、きっと自らの基準で都合のいい方(生きやすい方)を選びつつも、それに固執はしないこと。

 

よく樹木とやなぎの例で言われますね。樹木は丈夫だけどどこかでバキっと折れる。やなぎしなやかであり、樹木とは違う丈夫さがある。どちらが好ましいのか……というお話。

そう書くとかんたんそうに思えますが、やなぎのような生き方だって難しいですね。だって揺れるし、安定しないから。

まぁそうやって考えていくと、「安定ってなんだ?」という疑問が生まれますが。

 

さいごに

あれこれお喋りしてしまいましたが、

夢に意味があるかどうか、でまず解釈が分かれるし、その意味にもどう捉えるかでまた複数の解釈があるよなぁ、ということ。

で、夢に限らず解釈はすべての物事を認識するところから発生していて、その認識の仕方はある程度は選べるということ。

 

だから憂鬱になっている人のなかには、自らの意思で憂鬱になっているとも言えるのだと思います。僕は自分のことをそう思っています。

けっきょく自分で選んでいるんだな……。他人のせい、環境のせいにできればラクですが、突き詰めればほとんど自分で選んでそうなっていることがほとんどなのかもしれません。

そう思えるだけ、いまの僕は回復してきました。

という報告と、夢のお話でした。

 

ではまた。

 

☆読者登録はここ:こちら

☆Twitterも見てね:こちら

☆コメントくれると嬉しいよ(下↓)