3年ブログ

適応障害と診断された2016年8月スタート。3年間は書き続けようと決め、現在7年目になりました。

MENU

中古本の購入日記-2022/05/15

ブックオフの100円コーナーで、おもしろそうな本を数冊買って読んでいます。

これまで何度かそういうことをしていて、今回は3回目か4回目くらい。

 

そうやって買った本をまた読み終わったタイミングで、今日また新たに4冊選んできました。

買った本

4冊のうちの2冊から。

 

『書くことが思いつかない人のための文章教室』

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』

 

どちらとも文章を書くための本です。

やっぱり書くことが好きなんですね。ちなみに積ん読タワーのなかにも2〜3冊、似たような本があります。

 

また、ブログでは触れていませんでしたが(あ、わからない、どこかで書いたかも^^;)、 公募スクールのエッセイ講座も先月お試し版だけ受講しました。いまは提出した課題の添削を待っています。

エッセイを提出したときにも感じましたが、書くのってなんだかたのしいです。なにがどうって説明できませんが、そこになにかが眠っている雰囲気。僕のなかの「好きという鉱脈」があるのかもしれない。

 

次。残りの2冊。

 

 

『相手に9割しゃべらせる質問術』

これは、職業選択を支援するキャリアコンサルタントの資格取得に励んでいる身としてはちょうどいい本だと感じました。あと、もともと相手に語りを促すことにはほどほどの自信もあって。それをさらに磨いていこうとも思いまして。

自分が持っていないものを得るための読書もいいですが、自分の強みをさらに磨くための読書はきっとたのしいかもしれません。

 

つい昨日まで気分が沈んでいましたが、そのとき読みたい本が本棚を見てまったくなかったのもツラかった。ある程度元気なときにしか手に取らない本ばかりに思えました。

自分が得意なことに磨きをかける内容なら、ツライときにでも手に取れるのかな、という考えもあって選びました。

 

『愛のスピリチュアル・バイブル』

これは完全に気まぐれ。(笑)

といってもまったく無関心なわけではなくて、まず僕が恋愛についてまじまじと考えたことがあまりないということ。そして、結構ボリュームがあるのに100円であることが気に入った。(^^)

内容は女性向けです。でも男性の僕が読むというのも、それはそれでおもしろいかも。

 

さいごに

今回は買った本の紹介でした。

読んだ本はブログに感想を書いていきたいのですが、それがもう4冊5冊とたまっていて……なんだかめんどくさくなってきた。(笑)

かんたんにでもいいから書き残しておきたいのですけれどね。

気が向いたらアップします。

ではまた。

 

☆読者登録はここ:こちら

☆Twitterも見てね:こちら

☆コメントくれると嬉しいよ(下↓)