3年ブログ

適応障害と診断された2016年8月スタート。3年間は書き続けようと決め、現在7年目になりました。

MENU

【映画】すごく良かった!!(特に女優さんが)

f:id:nukoblog:20220119011312p:plain

映画『ブレードランナー 2049』を見ました。前作『ブレードランナー』の続編。

 

 

マジメな感想

群を抜く見応え。

 

内容、音楽、シーン。

愛と勇気。葛藤と悲しみ。

親と子。人間と機械。

 

映画って、読書と違ってどうしても受け身になる。読書は自分のペースで進められるし、ページを繰る速度も、合間に違うストーリーをかじってもいい。でも映画はそうはいかない。

 

この映画を見終わってまず感じるのは、まるで重たい、分厚い小説をようやく読み終わったような、ずっしりと物語が閉じていく音。

物語が終わり、またいつもの現実へと戻ってきた感覚でした。

 

たしかに上映時間2時間45分と、けっこう長めなのだけれど、本当に数年かけて読んだ小説が終わったあとの、なんというか……「終わってしまったんだ」という喪失感と、「終わりまで一緒に走ってきたんだ」という達成感みたいなものがある。

 

内容については書く気はないです。

このブログは映画の考察サイトではないし、そういうのを書くのがニガテなので。目の前からバーっと吹いてくる風を全身で受け止めて、ふぅ、終わった……という感じでクタクタになります。

良い疲れを感じるっていう意味では、この映画は特にそう。見てきた映画のなかで1、2を争うレベルかも。

 

とにかく見てよかった。

通算3回くらい見ていると思うけれど、これだけ見てやっとわかることがある。最初は「映像がきれい」とかそんな印象を受けて疲れちゃって、内容はあんまり頭に残らないことが多い(だから映画レビューはヘタ)。

3回目にしてようやくわかってくることが多い。その分ズシリとくる要素に気づく。

 

マジな感想

ところで、3回目を見ながら思い出したのは、ホログラムAIを演じたアナ・デ・アルマスがすごくかわいいっこと。超絶美人。

大きな瞳にプリッとした唇、髪型も女性っぽくて、彼(主人公)に寄り添ってくれて。

そういえば映画館で見たときも、DVDレンタルして見たときも、なんかこの人のことばっかり見てたような気が……(笑)

ストーリーが頭に入ってこなかったのも、理由があったわけですね。

 

ちなみに。

いま調べてて気が付きました。007の新作、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のボンドガールだったんだね!。これも見たいシリーズでした。レンタルするのが急にたのしみになってきた。

 

なんか後半は女優さんの話しかしてないけれど、『ブレードランナー 2049』、グーッと映画に集中したい人にはおすすめです。

 

結論

それにしてもかわいかったなぁ……

また見よーっと。

 

☆読者登録はこちら

☆Twitterはこちら