3年ブログ

適応障害と診断された2016年8月スタート。3年間は書き続けようと決め、現在6年目になりました。

MENU

芝生で寝そべった休日のこと

今日は休み。

長野県安曇野市の天気は晴れ。僕がいちばん好きな季節は、秋の晴れの日なのです。風が心地よくて、おひさまが暖かくていいんだよね。

 

そんな今日は、お昼ごろに近所のお蕎麦屋さんでお腹いっぱいに食べました。

すぐ近くに穂高養生園(勤務先)の畑があるので、畑まで歩いていって昼寝しました。

いやぁ。芝生のうえで寝そべるのは気持ちいいね。心地よかったです。

 

午後になると、自転車でサイクリングに出かけました。肩からフィルムカメラをぶら下げて。

まず行ったのは、碌山美術館。穂高駅のすぐ近くにあります。

ここでいまやっている特別企画展『彫刻家 篠田守男ーSubconscious』を見に行ってきました。

 

f:id:nukoblog:20211015211534j:plain

TC 8414 シュヴァンクマイエルの不思議な世界(2016)個人蔵

彼のつくる彫刻の特徴は、金属でできたオブジェと、張力をかけたワイヤーです。ピンッと張られたワイヤーからは、ダイナミックな動きが伝わってきます。なんともかっこよかったです。

 

碌山美術館は敷地内に複数の建物があって、あまり広くはないのですが、一種の写真スポットになっているようです。僕をふくめて、カメラを握っている人が何人かいました。

 

f:id:nukoblog:20211015213415j:plain

フィルムカメラ LeicaM4

ここで撮った写真はぜんぶフィルムだから、今すぐには見せられないのだけれど……現像が終わったらツイッターに載せるかも。よかったらフォローしてくださいね。いつも撮っている写真と、仕事や考えたことなどをちょこちょこつぶやいております。

碌山美術館を出たあとは、すぐとなりの碌山公園へ。

このとき時刻は16時。風が涼しくなってきたけど、まだおひさまが暖かいです。ここでも寝っ転がる。大の字になって、本当に気持ちよかった。

 

f:id:nukoblog:20211015212302j:plain

碌山公園

このあと住み込みで働いている穂高養生園まで自転車で戻ったのですが、ずっとゆるやかな上り坂なのでかなりキツかった(^_^;)。帰宅したときには足がパンパンです。すぐお風呂に入って、このブログを書いています。

 

穂高養生園は毎年11月までで閉園します。スタッフのみんなは翌年4月までフリーになるので、別の仕事をする人もいるし、働かずのんびるする人もいるようです。僕は国家資格のキャリアコンサルタントの勉強をして、それに関連する仕事につきたいので穂高養生園での仕事は今年限り。

閉園まであと1ヶ月半となりましたが、最後まで自然を満喫しつつ、仕事をまっとうしたいと思っています。

 

さいごになりますが、自然はいいですねー!!

都会と違って、空気は排ガス臭くないし、長野は水がおいしいです。資格の勉強は東京なのですが、就職先は田舎にするかも。それもいいなぁって思い始めています。

またこんな日記のブログもアップしますね。

ではまた。

yojoen.com