3年ブログ

2016年8月に始まり、3年でやめようと思っていたんだけど、書き続けて5年になりました。

【映画】ネズミをあぶり出せ。警官とマフィアの物語

今日は休み。午後になって、1人で部屋にこもって映画を見ました。ポテチとコーラを用意して。たまにはいいよね。

 

天気もなんだかドンヨリしているし、なんとなくスカッとする映画が見たい。

オススメ欄にあったこれを選びました。

ディパーテッド (字幕版)

ディパーテッド (字幕版)

  • レオナルド・ディカプリオ
Amazon

『ディパーテッド』。2007年公開、上映時間は2時間半。警官とマフィアのクライム・サスペンスです。

 

この作品のおもしろいのは、お互いの中にスパイがいるってところ。

警官のなかにマフィアのスパイがいる。マフィアの中にも警官のスパイがいる。お互いの行動が漏れて都合が悪いから、それぞれ自分の組織に潜り込んだ”ネズミ”をあぶり出そうとするんだよね。

最後のほうで相手の裏をかいて危機からスレスレで回避したり、かと思えば次の瞬間には……なんてこともあって。頭脳戦です。見ているコッチも大変でした。

 

見ていて思ったのは、警官って大変だなってこと。小学生みたいな感想だけど。(笑)

社会の闇と戦うのだから、どうしてもキレイごとだけでは済まされない。

勘違いで殺されてしまったり、信用や裏切りが繰り返されたり。凡人には耐えられないな、って思いました。

主役はレオナルド・ディカプリオとマットデイモン。2人とも渋くて好き。

グロ系がダメな人は見ないほうがいいかも。マフィア系の内容だからね、血しぶきとか普通に出てきます。

Amazon評価は2500件で☆4。けっこう良いほうだよね。見応えはたしかにありました。

 

昔はアベンジャーズとか、なんかカッコいい感じのドンパチ映画を見ていましたけれど……そういうのはもう飽きました。2時間近くも銃撃戦見せられてもね。楽しめなくなっちゃった。

それよりかは、友情だったり愛だったり、そういうヒューマンドラマ系を見るようになりました。今回は少しジャンルが違うように感じるけれど、やはり注目する点とか印象に残る場面は昔と変わってきましたね。人物同士のやり取りとか、そういうところに目が行くようになった。

 

ただいい話を見せられても疲れたりしませんか?なんだか押し付けがましく感じられてしまうときもあるし。それよりかは、一人ひとりが好きに感じられる、そういう”余白”のある映画が好きです。それは写真とか絵画でも同じかな。

 

今日はそんな感じかな。

マフィア系や頭脳戦が好きな人はチェックしてもいいと思います。

ではまた〜。

・映画:ディパーテッド