3年ブログ

2016年8月に始まり、3年でやめようと思っていたけどなんだかんだ続けてます。

【映画】美人になった、と勘違いしただけで人生は変わる。

一緒に働くスタッフたちと映画をみました。

2回目の映画ナイト、今回は『I Feel Pretty』です。Amazon評価は1255件、☆4です。

 

 

わたし、美人になってる!

太ってて、あんまり美人とはいえない女性が主役です。そんな彼女が、ジムでトレーニング中に頭を強く打ってしまう。起き上がって鏡をみるとまぁビックリ!。「え……うそ……わたし、すっごい美人になってる!!」

と、かってに勘違いするストーリーです。そう、かってに思い込んでいるだけ。(笑)

 

周囲の人たちにも、映像にすらなんにも変化のない”彼女そのまま”が見えているだけなのですが、彼女は自分が超絶美人になったと思いこんでいます。そのためこれまで自信がなくてできなかったことも、どんどんやっていけるように。周囲の人たちは、彼女の内面の変わりぶりに驚くいっぽうで、彼女自信は自分の外見の変わりぶりに驚いているという、ちょっとおもしろい設定になっています。

 

その”魔法”は後半でとけてしまうのですが……ラストはとても感動的。見ているこっちも自信がわいてくる内容でした。

 

思い込みってすげぇよな

『強く信じること。それで変われるんだ』。そんなフレーズが出てきます。

いつもポジティブな人なんてこの世にほとんどいません(たぶん)。たいていの凡人たちは、心のどこかでこう思っていませんか?

「自分じゃムリか……」とか「わたしもあの人みたいになれたらな……」なんて考えたり。

だからこそ、この映画がささってくるんです。

だって、「私、めっちゃ美人じゃん?」っていってる主人公、最初から最後までぜんぜん美人じゃありません(笑)。なのに、美人だと思いこんでいるだけで超アグレッシブになります。ちょっとやそっとじゃヘコみません。できたばかりの彼氏が、もう彼女にメロメロになるのです。

 

「君は世界で一番美しいよ!」

「どうしたら君みたいになれるのかな」

「ぼくも君のように自信をもちたいんだ」

 

この映画をみていると、思い込みのちからってすごいんだなって感じると思います。自信があるかないか。たったそれだけで、こんなにも違いが出てくるんだなってことがよくわかる作品です。

 

さいごに

というわけで、今回みた映画『I Feel Pretty』、とってもオススメです。特に、自分なんてダメだ、と落ち込んでいるときにちょうどいいかもしれません。コメディ要素が強くて笑えます。

ムリに気分を底上げするのは僕はあまり好きではありません。でもこの映画はそんな「いい話でしょ??」的な、押し付けがましい感じがしないのがgood。

Amazon評価も高いので、何かないかなぁという方はぜひどうぞ。

ではまた〜(*^^*)