3年ブログ

2016年8月に始まり、残り1年を切りました。。振り返ったとき、このブログが転機になったと言えるように。そう願っています。

生きものとしての姿/習い事をしようと思った

▽SNSでシェア▽

f:id:nukoblog:20180917223728j:plain

先日ひさしぶりに磯丸水産に行きました。写真はそのとき注文した“あら汁”で、わたしは初めて食べました。食に興味のないわたしでさえ、これはうまいと感動するほどでした。

美味しいかったことはここまでとして、このとき思ったのは全く別なことでした。

生きものとしての姿を見て

当然ですが、食べ物はたいてい「死んでいる生きもの」です。ファストフードや冷凍食品など、手軽に腹を満たせるものをよく食べていた自分は、たったこの1つの真実にハッとしました。

そりゃいつもそんなものばかり食べているわけではありませんが、唐揚げもお刺身も、サラダも味噌汁も、ほとんど「生きものとしての姿」を保っていません。上のあら汁には、魚の頭が入っています。それをみた自分は、「あぁ、生きているものを殺して生きているんだな」と、直感しました。

 

最近の自分は少しヘンで、いろんなことを生と死に関連付けて考えたり思ったりしています。

今日も駅のホームでベンチに座って電車を待っていたのですが、お年寄りと手をつなぐ子供、汗だくのサラリーマン、試合を終えたらしい運動部の女子高生たち。いろんな人が目の前を通っていって、彼らはみな満たされた時間を過ごしているようにみえました。生きているな〜って。

わたしも今生きているわけですが、人生にはそういうときもあるさ、なんて言われても困るどころか寝込んでしまうくらい、なぜかメンタルが弱っています。

 

時間を振り返りたくありません。今日は何をしたか、やろうと思っていたことはやったんだっけ。そうしたことは一切頭から排除したい気持ちです。こうした精神状態ならば、お酒やパチンコにハマってしまう人の気持ちが一部わかります。買い物依存症なども重なるところがあるのかもしれません。

さみしかったり、満ち足りなかったり。刺激のない毎日だったり、自暴自棄になったり。

わたしはそうした具体的な行動にはまだ出ていないので、性質が違うかこれからそうなるのか、なんともわかりません。うるさいのが嫌いなので、パチンコだけは行かないでしょうけれど。

生きた時間

haretaraiina.hatenablog.jp

この記事で クロスケ (id:haretaraiinaa)さん とわずかなコメントをやり取りしました。『習い事もいいのでは?』と書かれていて、それはいい、写真教室とか絵画教室を調べてみたくなりました。

わたしは生物学的には生きているわけですが、精神的には生きているより死んでいるほうが近いと感じています。そんな日々なので、習い事というのは生きた時間を過ごすことにもつながりそうです。

クロスケさん、ありがとうございました。

 

www.masato07.com