3年ブログ

2016年8月に始まり、残り1年を切りました。振り返ったとき、このブログが転機になったと言えるように。そう願っています。

よい上司と出会えたことに感謝

f:id:nukoblog:20180509214458j:plain

外でタバコを吸ってた上司の一言

定時になり、いつもの時間に会社を出ました。

出入り口を出て数メートル歩いたとき、後ろから「お疲れさま」と声をかけられました。タバコ休憩中の昔の上司でした。

目があいます。わたしも「お疲れさまでした」と一言あいさつと会釈をしたのち、歩を進めました。

なんてことはない風景です。ですが、「お疲れさま」と笑顔で言われて、とても気分が良くなりました。

思いおこせば3年前

わたしがはじめて社会人になってからの、最初の上司の人でした。面倒見が良く、仕事もできると社内でも高評価です。

その上司のもとで働きましたが、仕事そのものと肌に合わず...。働いて1年ちょっとで休職してしまいました。その直前にはよく相談にのってもらっていたのを覚えています。2人で飲みにいったことも2、3回ありました。

「続けられそうか?」
「無理なら他部署へかけあってみる」


その言葉をきいてたとき、心底ホッとしました。それとなく、辞めるしかないと言われるかもしれないと考えていたからです。しかしそれとは反対に、むしろ「仕事ぶりは評価している」とも話してくれました。

休んでいた間にも、きっと上の人たちとあれこれ調整してくれたんだと思います。わたしのことをよく見てくれていた人でした。今もそうなのかもしれません。

よい上司に出会えました

そんな上司から何気ないあいさつをもらったのは、これを書いている30分前の出来事です。

わたしは異動になってしまったため(させてもらったため)、上司は変わってしまいました。ですが、今でも社内で頻繁に会います。

今までも助けてもらい、仕事終わりには笑顔であいさつしてくれる。いい上司に出会えたな、と思っています。