3年ブログ

2016年8月に始まり、残り1年を切りました。振り返ったとき、このブログが転機になったと言えるように。そう願っています。

ブログの下書きがどんどん溜まっていきます

f:id:nukoblog:20180330225658j:plain
書きたいことはたくさんあるのですが、いざキーボードを叩くといっさい頭から出てこなくなります。

また、書いたはいいものの、うまくまとまらなくて中断されてしまった記事もあります。

今現在で、下書き保存の記事は5つあります。

少ないかもしれませんが、そもそも「下書き」に移すことすらできなかった記事たちがPCのメモ帳に埋もれています。

なので、実際はいくつあるのかわからないのです。

さっきも1つ下書き記事を編集していましたが、再び下書き保存をしてしまいました。

うまく書けなくて困っています。

書き出せないし、まとまらない

ブログをはじめて、今年で2年目です。

はじめたての頃は、ある程度やっていたら自然と自分のスタイルが確立されるようになると思っていました。

記事の書き方、タイトルの数、まとめの入り方、更新ペース...。

1年経てば、それなりに型が決まってくると思っていたのですが、甘かったようです。

特に何にも決まっていません。

わずかながら決まってきたことといえば、「ですます調」「1000文字前後」「誰宛でもない自己満足の記事」くらいです。

手に入るであろうと思っていた「すばやく記事を書く骨組み」も、「ネタ出しから投稿までのプロセス」も。

特に何にも手に入りませんでした。

うまく書けるようになりたいです。

書きたいことを書くためのシステム

今ほしいのはそれです。

わたしなりの、書きたいことをスムーズに書くためのシステムがほしいと考えるようになりました。

最近になって読み始めた本です。

ブログをやっている人はけっこうこれを読んで学んだ人がいるようで、レビュー記事をちらほら見かけます。

まだ数ページしか読んでいないので詳しくは書けませんが、文章力を鍛えるのに良さそうな1冊です。

さいごに

今回のこの記事は、書く内容を絞ることを意識しました。

といっても、誰宛でもない自己満足の記事ですので、絞ることによって読者が得られるメリットはそう多くはありません。単純に、書いているわたしがラクになる、というだけです。

下書き記事がどんどん溜まってしまう理由は、書き起こす仕組みができていないこと以外にもう一つあります。

書けないときは諦めて書かないからです。

本当は、この記事もまた諦めてほったらかしにしようかと考えました。

だって、全然書く気になれないんですもの。

しかし、前回の更新から1週間たってしまったので、更新しないことを諦めて更新しました。

ではでは。