3年ブログ

2016年8月に始まり、残り1年を切りました。。振り返ったとき、このブログが転機になったと言えるように。そう願っています。

6ヶ月の休職から会社に復帰し、今日で1年が過ぎました。

▽SNSでシェア▽

f:id:nukoblog:20180227224426j:plain

本日(3月1日)は、わたしにとって特別な日になります。

1年前のこの日、6ヶ月休職していた会社に復帰しました。今日をもって、復帰から1年経過したことになります。

今回は、その1年を過ごしてみてどうだったのかをお話しします。体調面で気をつけていることについても書きました。

最後まで読んでくれたら嬉しいです。(^^)

会社に復帰して1年です

それまでの症状

復帰、のまえに、そもそもどうして休職に至ったのかを簡単に説明しますね。

  • 2016年5月ごろから、朝の体調が悪い。頭痛やめまい、食欲の減退、吐き気など。
  • 7月の終わりのころ。仕事の帰宅途中の駅のホームで過呼吸に。人生初の救急車で運ばれる。
  • これを皮切りに、今まで身体が蓄えていたストレスがドバッと現れるようになる。外に出るとクラクラする。まっすぐ歩けている感覚がない。
  • 会社に行けなくなる。9月、休職が決定する。

まぁざっとこんな感じで。

9月〜10月はけっこうしんどかったです。硬いコンクリートの地面がスポンジのように感じられ、家を出ようとドアノブに手を付けたとたんに、鈍器で殴られるような感覚も味わいました。

11月以降は徐々に良くなっていくものの、新たに不眠症の登場です。症状は軽い方でしたので、薬と日中の過ごし方で悪化を防ぎました。

2月からは、1日の外出を長めに設定し、リハビリを始めました。そしてようやく、3月に休職期間が終了です。

6ヶ月休んだのち、今では同じ会社で働ける状態にまで戻りました。

復帰してから

今では、そのころに見られていたような頭痛や吐き気、めまい等はなくなってきました。「なくなった」わけではなく、まだ感じることはあります。それでも働けるだけのレベルに留まっています。

以前は抑うつ症状も見られましたが、今はそれほどではありません。落ち込む周期のような“波”はあるものの、比較的安定しています。

f:id:nukoblog:20180227225846j:plain

現在のわたしには、やりたいことがたくさんあります。読書、運動、瞑想、写真、動画、鉛筆画、

全部が全部できるわけではないし、今年中にできたらいいかな。そんな軽い感じです。

ひとまず、物事に前向きになれたこと、社会人として普通に働ける身体に戻れたということ。この2つには満足しています。

さいごに

これからの歩み

復帰して1年経ったとはいえ、未だに朝は吐き気がしたり、軽くめまいがする日もあります。職場の環境は整えられているので、何が悪いのかはわかりません...。

ムリは禁物なので、日頃から常にモニタリングするように心がけていきたいと思います。

復帰と同時に異動しましたが、新しい仕事内容にも慣れてきました。今年は、関連する資格の勉強に励もうかと考えています。

プライベートでも、興味のあることが増えてきました。ちょっとずつ手を伸ばしていけたらと思います。

ではでは。

補足:過去のわたしと似た状況にある方々へ

読者さんの中には、適応障害やうつ病で社会から一時離脱している方々がいます。

わたしが「大丈夫だよ」と言ってもホッとできるレベルではないことは、わたし自身もわかっています。そんな言葉で救われるほど、簡単な話ではないですよね...。

ただ、ここに1人、復帰した人間がいますよっていうことだけは、頭の片隅にでも置いてもらえたらと思います。

最近Twitterから姿を消すことが多くなったわたしですが(タイムラインを見ていると他の人がキラキラしていて疲れるのです)、リプやDMをくれれば必ず見ます。

何かあれば、お気軽にどうぞ。もちろん、この記事へのコメントでもかまいません。(^^)

Twitter

参考記事

www.masato07.com

www.masato07.com