3年ブログ

適応障害と診断された2016年8月スタート。3年間は書き続けようと決め、現在7年目になりました。

MENU

幸せな夢をみた。そこからいろいろ考えた。

今朝は、幸せな夢をみました。 昨年長野県で一緒に働いていた人たちと、夢のなかで会えたのが一番幸せでした。 寝起きはよくないほうですが、今朝はそのおかげか「幸せな夢をみたなぁ」という気持ちで身体を起こしました。

いまに繋ぎ止めるのに精一杯

アパートのどこかでアラーム音が鳴り響いていて、それで目が覚めてしまった。いつも寝起きが良くなるようカーテンを開けているのだけれど、そこから強烈な朝日が差し込んでいたのも2度寝できなくなった理由の一つ。

夜の日記:ラジオ深夜便を聞きながら-2022/05/21

なんとなく、ラジオが聞きたくなった。RadikoでNHKの、ラジオ深夜便をえらぶ。 明日の天気予報をしている。聞こえてくる言葉はみぎから左へ抜けていく。言葉が入ってこない。それでもいい。 人の声が、聴きたかった。

生きることは、踏みとどまって観察すること。『シーシュポスの神話』

カミュの『シーシュポスの神話』を読みました。 というとウソになってしまうかな。難しくて理解できず、ほとんど飛ばし読みです。ちゃんと読んだ箇所は全体の1割くらいかな……。

キャリアコンサルタントの存在がありがたい

今日は、3週間ぶりのキャリアコンサルタントとの面談日でした。 僕の就職活動の支援をしてくれています。 今回で7回目でしたが、就職活動らしいことはまだほとんどやっていません。 僕自身がキャリアコンサルタントの資格で今忙しいというのと、メンタルが…

猫カフェかマッサージに行きたい

今日も徹夜をしてしまった。 最近ずっとこんな調子。3時に寝たり、4時に寝たり。そして今みたいに、3時に布団に入ったけれど全然寝付けず、ツライので起きていようと決める日もある。

中古本の購入日記-2022/05/15

ブックオフの100円コーナーで、おもしろそうな本を数冊買って読んでいます。 これまで何度かそういうことをしていて、今回は3回目か4回目くらい。 そうやって買った本をまた読み終わったタイミングで、今日また新たに4冊選んできました。

死んだ心に風がしみる

(暗い話です) 書きたいことがほんとうはいろいろあったけど、書こうとすると急に鳴りを潜めてしまう。 だから何も書けないのだけれど、誰かと話がしたくてこれを書いている。

人生を天気にたとえるなら。

スタバで、アイスコーヒーを飲んでいたときのこと。 目の前が窓になってて通行人が見える。そこでさっき、小さな男の子が走ってて転んで、でもすごく笑顔で、また立ち上がって走っていった。

え、それ人生じゃん。 と思ってしまった話。

とあるゲームが、人生そのものを語っているように感じた話。

80年が重なり合う

人と会うことに毎回感謝する人がいる。そういう人の心模様がいまいちわからなかった。 そもそも感謝という気持ち自体、自分のそれは本当に感謝なのか。〇〇だからホンモノです、なんて言い切れないし。どこか疑問だった。 でも、少しずつわかってきたような…

気づきをもたらす存在でいたい

気づきをもたらすことって、良いことだなって思いました。 最近に限ったことではありませんが、なんとなく無意識的に、その人の転機になってくれるような言葉やなにかを伝えることを積極的にしています。