3年後の私をつくろう

2年目に突入。振り返ったとき、このブログが転機になったと言えるように。そう願っています。

長いつきあいは、これからも大切にしたいです。

f:id:nukoblog:20170904215917j:plain

大学生の頃の友人です。

とても気の合う彼とは毎年、この夏の終わりに会っています。

また1年ぶりに顔をあわせて、昨年からの出来事を語り合いました。

 

彼は大切な友人です


 長く続く仲は、いつまでも大切にしたいですね。

毎年この夏に

突然のメッセージです。

「久しぶり!元気~?」


LINE
ですら、彼とのやりとりは1年ぶりです。思わず笑みがこぼれました。ちょうどわたしも、彼に会おうと思っていましたから。

f:id:nukoblog:20170904204641j:plain

彼との出会いは、今でも覚えています。

大学が始まって1日目の、入学ガイダンスを受けるために並んでいた列の、すぐ前に並んでいたのが彼でした。

話をしていくうちに、かなり気が合う人だということがわかりました。

たとえば、見ているテレビ番組が同じだったり、音楽の趣味が似ていたり。話し出すタイミングが同じだったり、考えていることもけっこう似ていたりして。

そんな彼とは同学年だったのですが、一緒に卒業することは出来ませんでした。

就職活動の際、進路に迷った彼は、半年間休学することに決めたのです。

彼はそのことを、大学の友人には誰にも話さないでいたようで。みなで顔を合わせる授業もなく、研究室もみな違ったので、誰もまるで知らなかったのです。

わたしが知ったのはたしか、就職が決まったこの夏の頃だった気がします。

f:id:nukoblog:20170904211442j:plain

卒業してから聞いてみると、就職で迷ったのは小さなきっかけに過ぎなかったようでした。

大きな理由は何だったのかと尋ねると、彼はこう言いました。

「うつ病なんだ」。


本当に、知りませんでした。言いにくそうに話してくれたのが、まだ印象に残っています。

聞いてみると、彼は中学生の頃からうつ病だったらしいのです。大学生になってからは比較的安定はしていたものの、心に負担がかかるとすぐ支障が出るのだと。

彼の場合、就職活動と卒業研究が重なったことが、極度の負担になったようでした。

そんな彼とは毎年、いつも夏の終わりに会っています。

今年の顔合わせが先週の金曜日、9月1日の夜でした。

1年ぶりに会う友人

f:id:nukoblog:20170904204620j:plain

お互いの、この1年間の出来事を話しました。

わたしは、適応障害から復帰したこと。職種が変わったこと。給料は下がったけれど、その分自由な時間ができて充実していること。今はカメラに夢中で、カメラ用のリュックを背負い、つねに持ち歩いていること。

彼は、アルバイト先を変えたこと。仕事先の人間関係がとても良いこと。バンドを組み、今度ライブをやること。CDを出すために、メンバーで貯金しあっていること。

19時に会い、解散したのは23時。どうやら4時間も一緒にいて、ベラベラしゃべっていたようです。(^^)

そうは思えないほど、時間はあっという間でした。

f:id:nukoblog:20170802230047j:plain

バンドのライブは、今月末にやるそうです。
ライブの誘いと同時に、演奏している写真も撮ってくれるように頼まれました。返事はもちろん「いいよ」です。

わたし、彼が高校生からギターをやっているのは知っています。彼もまた、わたしが写真撮影が好きなことは知っています。

ところが、互いにその姿を見たことはないのです。

わたしは彼が演奏する姿を見たことはありません。彼もまた、わたしがカメラを握った姿を見たことはありません。 

そんな互いの知らない姿を、今月末、始めて見せ合ってこようと思います。

~あとがき~

お読み頂きありがとうございます。さて、ここからはわたしの友だち事情の話です。

社会人になると友だちは作れなくなる、なんて聞きますが、まったくもってその通りです。

中学生で2人、高校生で1人、大学生で1人。この4人くらいしか、わたしの友だちはいなさそうです。

そもそも友だちの定義というか、友だちとそれ以外との線引きは人それぞれです。

ここで言うわたしの友だちとは、「頻繁に連絡する仲ではなく、1年に1回くらい会って話をするような人」のことです。

じゃあ、それ以外の友だち、すなわち「頻繁に連絡する仲の友だちはいないのか?」と聞かれれば、そうです。その通りなのです。おりません。

人との交流については、昔から「狭く深く」のタイプでした。それは今も変わりません。

ブログやTwitterの行動でもお気づきの人がいるかもしれませんね。あまり多くの人と絡んだり、わちゃわちゃするのがニガテです。

ネット上であっても、「狭く深く」やりとりをし、交友関係を深めていけたらと思っています。

ちょうどこれを書いている今、わたしの頭には何人かのブログ友だちが思い浮かんでいます。

ひょっとしたら、その中にあなたがいるかもしれません。いつかお会いしてみたい人が、何人かいますから。

 

ではでは。