3年後の私をつくろう

2年目に突入。振り返ったとき、このブログが転機になったと言えるように。そう願っています。

憂鬱の波

f:id:nukoblog:20171110230512j:plain

数日間、気分が落ちていました。今少し楽になったので、サクッとブログでも書いていきましょうかね。

今週の心ハイライト

メモ帳を見ると、こう書いてあります。

-------------------------

・11/6月曜日

結局のところ、人生に絶望してるのではなくて、人生に甘えてるってだけなんだと思いました。

・11/7火曜日

朝憂鬱。最近。先週あたりから。

寝不足。もっと早く寝たほうが良さそう。

朝はうつむいている。会社に行きたくないが、もっともな理由もないから甘えだと思って足を進める。

・11/8水曜日

メモなし

・11/9木曜日

メモなし

・11/10金曜日

今このブログを書いています。

-------------------------

水曜日からメモを書いていません。何をしていたのか。

1つは、先日買ったソールライターの作品集を眺めていたこと。もう1つは、仕事帰りにカメラを持ってお散歩したことです。

DSCF4602

これは先日買った、写真家ソールライターの作品集

写真はどれも身近な生活を撮ったものばかりで、それはまさしく「写真家の眼」そのものでした。目を開けて歩くのではなく、「目で見て歩こう」と思わせてくれる1冊です。

カメラを持ち歩きながら帰宅とは、実はほとんど毎日やっていることなんですが気分が落ち込んでいるときは、カメラを握る気になれません。いつだってカバンにカメラを忍ばせているのですから、本当は嫌でもカメラを持てば、気分も晴れて良いのかもしれませんね。ただ、そんなときに限ってもう嫌で嫌で仕方がなく、朝も夜もうつむいて歩き、思考停止状態が続いています。

ひょっとしたらこの逆で、カメラから離れると気分にムラが生じ、その結果として、憂鬱な石ころにつまづくのかもしれません。別にカメラでなくても、「いつものリズムが崩れるとNG」なのかな...。

どっちが先なのかわかりませんが、1つはっきりしているのは、自分の中ではカメラの存在が確かなものであるということくらいでしょうか。

今の気分

さて、今の気分はどうなのでしょう。つまり、わたしは今も死んでしまいたいと思っていて、でもそれは死にたいわけではなく、「生きたいから死を意識する」心境なのかってことです。または、もういいやという投げやりな気持のままなのかってことです。

答えはというと、マシになってきました。そもそもそうでなければ、ブログなんて書く気力すらありませんからね。

ホントはカメラと同じように、ブログを書いて気持ちを吐き出せばいいんでしょうけどね。このブログは雑記帳なんだし、完全な趣味なのですから。でも気分が凹んでいるときほど書けない、書きたくないんですよね。

ここまで読んでくれた人のなかには、心配してくれる人もいるかもしれません。もしいたら、とてもあたたかい気持ちになります。

でも大丈夫です。

大丈夫というか、この「憂鬱になるタイミング」には波があるので、またしばらくしたら沈むのがわかっています。いっつもそう。忘れた頃に、ふいにやってくるんです。

最後に

ツラツラと書いてきました。あんまりないです。こうやってただただ、ポロポロと文章を綴るのは。

最後に、先週の出来事だけ話して、終わりたいと思います。

先週の11/2日木曜日のことです。

大学の友人が所属するバンドの、アーティスト写真を撮ってきました。なんでも12月には、収容人数300人のライブハウスで演奏するみたいですよ。

アーティスト写真の撮影は、平日仕事帰りの日でした。メンバー3人と一緒に、夜の街を歩き回ること、2時間以上。

まだ写真は載せられないんですが、自分のなかでも少なからず、写真の技術が向上しているのを実感することができました。

暗くてうまく撮影できず、さらにストロボ等の機材も持っていません。なので、街灯の下とか、コンビニから漏れる光、自動販売機の光にも着目しました。とても楽しかったです。

気になる写真なのですが、まだ載せられません。メンバーの許可をとりたいのと、憂鬱な内容の記事には載せたくないからです。

DSCF4881

ではでは。