3年後のわたし

2年目に突入。振り返ったとき、このブログが転機になったと言えるように。そう願っています。

もうそろそろブログ2周年目だ

▽SNSでシェア▽

f:id:nukoblog:20180801222646j:plain

X-Pro2/Flektogon 35mmF2.4

 

疲れています。

急ぎの仕事が与えられ、3時間ほどの残業をし、頭も身体もヘトヘトです。けれども、何か書きたくなりました。

 

 

昨晩から、ちょっぴり気分がもとに戻ってきています。いくつかある理由の中で、とりわけ「ブログの存在」があげられます。記事へのコメント、ブクマコメント、TwitterのDMから、ありがたいお声をいただきました。ありがとうございます。

 

そうしたじんわりする暖かさを感じると、ブログをはじめたての気持ちを思い出します。

もともと気持ちをあまり表に出すことがニガテで、感情を内にためこんでしまう性格でした。今もそれには変わりありませんが、「今の自分はとても弱っている」「こんなんで悩んでてどうするんだ」といった、情けないしみっともないことを吐き出せる“場”を持っていたことはよかったです。そして、ここには必ず見てくれている人がいて、そっと一言おいていってくれるのです。

 

♢♢

 

気分転換に、ブログの写真とタイトルを少し変えました。

このブログは2016年8月16日からスタートし、そろそろ2周年を迎えます。特別な企画も重大発表も、何も予定はありません。ただただ、時の流れを感じるのみです。

 

いつもは、時を振り返ると憂うつになります。

先月はわたしの26歳の誕生日を迎えました。年齢によるものなのでしょうか。それとも、わたしにとっての時とはそういうものなのでしょうか。歳を重ねるごとにいよいよ後戻りできないことを痛感します。それはまるで、時間とともに胸に突き刺さっていく刃物のように感じられるくらいです。

 

そんなふうに思えてしまう自分にとって、このブログの2年間はどう思うのか。また違った捉え方ができるのだと思います。

ただし今のわたしはエネルギー不足なので、じっくり考えるのはまた後日にしましょう。

ではでは。

 

・Camera:X-Pro2
・Lens:Flektogon 35mmF2.4

 

www.masato07.com