3年後の私をつくろう

振り返ったとき、このブログが転機になったと言えるように。そう願っています。

特急列車で思ったこと

f:id:nukoblog:20170812220336j:plain


京都へ旅行していました。ぬこです

普段乗らないような電車で、不思議な体験をしました。

 

特急列車で思ったこと

京都に行ったときに撮った写真は、すべてブログに載せたいと思っています。

ただ、「きれいでしょ〜」で終わってしまうのはもったいなく感じます。撮る写真にはいつだって、1枚1枚に対して、考えたことや感じたことがあります。ですので、なるべく小分けにして記事にしようかと思っています。

 

 

ずっと、車窓から見える景色を眺めていました。

電車に乗っているわけですから、当然いつもの移動速度とは違います。だからこそ、いつもと違った日常に気が付くんだと思います。

 

たとえば、歩いているだけでは感じられないことって、ありますよね。

いつも動かなかった、ずっとずっと遠くの雲はグイグイ下がっていきます。雲も風に乗って動いているわけですから、まるで電車と競争しているみたいで、見ていて楽しい。緑で豊かな山も、どんどん後ろへ去っていきます。東京に住んでいるので、過ぎ去っていくのはいつも家々やビル郡です。

 

しばらくして、今度は反対側の景色も気になりました。そしたら、おやおや?って思ったんですね。

というのも、みんなの座席の横の窓。どの窓も形や大きさが同じです。ちょうど正方形だったものですから、一瞬「額縁」に見えました。天然の美術館にいる気分です。

f:id:nukoblog:20170812213610j:plain


額縁に入った絵画のタイトルは、すべて『外の景色』。

1度たりとも同じ絵はないし、しかもすぐに別の絵に変わってしまいます。鑑賞する余裕もなく、どんどん過ぎていきます。そこが、実際の美術館とは違いますね。

都内在住ですから、普段乗る電車は都会を走っています。もっと窓の面積が大きくて、座席も長椅子タイプ。だから、今回のような電車は新鮮でした。

そこに元からいた人にとっては日常なのですけれど、そうじゃない人にとって、その世界は非日常です。新たな気づきを得るために、人は本を読んだり、映画を見たりすることがありますが、身体で直接感じる気づきにはまた、格別の価値があるでしょう。何に役に立つのかは、わかりません。でも、こういった「あ、おもしろいな」っていう感情は、なかなか味わえるものではありませんから。良い時間を過ごせたと思います。

 

ちなみに、車内の内装がおしゃれでした。

f:id:nukoblog:20170812213637j:plain

 

f:id:nukoblog:20170812213639j:plain


京都から帰ってきて、今とても疲れています。現在22時。もう寝ようと思います。

ではでは。(^^)