3年後の私をつくろう

2年目に突入。振り返ったとき、このブログが転機になったと言えるように。そう願っています。

<自己紹介①>ついに体調崩して会社に行けなくなりました。

今回は、私のことをお話したいと思います。

現時点(2016/8)では、まだこのブログを読んでいてくれている人は少ないですが、ここに書きます。

タイトルのとおり、今は会社を休みがちになっています。そこで、仕事の内容や、今考えていることなどをここに記します。(^^)

長くなってしまうので、何回かに分けようと思います。

 

 ついに体調崩して会社に行けなくなりました。

f:id:nukoblog:20160826171440j:plain

<目次>

どんな仕事してるの?

私は、新卒で大学を卒業し、建設業界の会社に入社しました。
大きな建物(マンションとか、病院とか)の、機会設備を施工する会社です。具体的には、換気設備や消火設備、トイレなどの給排水の設備を作ります。作るとっても手を動かすのは職人さんで、彼らの現場監督というのが私の仕事です。

現場監督という職業は、肉体的にも精神的にもまぁまぁハードです。折衝や交渉、資材搬入の調整から図面の作成、出来高のチェック作業などなど。職人さんの作業が終わった17時からようやく、自分たちの仕事ができる、という時もけっこうあったりします。

 私の性格上、これが全然合わないってことに気が付きました。現場監督になりたかった気持ちなど1μmもないのですが(笑)、まだ社会人経験が少ないですし、やってみて判断しようという考えが強い人間なので、やってみた結果、今になってようやく確信したといったところです。自分の苦手がたくさんつまった仕事をしていたんですね〜。

長い視野で考えることが多いので、これを起点に次どうすればいいか、考えながらキャリアをスタートさせようと思い、今の会社に入社しました。

就活のときにはいろいろあったので、このあたりはまた今度お話します。

 

とにかく休ませてくれ...

とにかく頑張ろうと思って仕事をしてきて1年ちょっと。2015年6月頃から、午前中の体調が良くない日々が続いていました。

毎日仕事のある日には、朝ごはんでおにぎり2個とか、パン2つ、あるいはサンドイッチ1個食べていましたが、それも徐々に食べれる量が減っていき、いつのまにか何も食べれないようになってしまいました。よくてウィダーインゼリーだけ、とか。7月半ばには毎朝吐き気、頭痛、息苦しさを感じるようになっていました。夏バテかな〜と思っていましたが、本心では「とにかく休ませて欲しい」と思っていました。でも、そういうのってなかなか言い出せる話ではありません。上司に現状を伝えることはできたものの、みんな忙しいですから、さらっと流されウヤムヤにされました...。

結局、やるべき仕事に追われ自分の意志を無視し続けたましたが、ついに限界がやってきました。

過呼吸になってしまい救急車へ

現在私は24歳です。24年間生きてきて初めて、過呼吸症候群に襲われました
仕事柄、土曜日も仕事をしないといけないことが多いです。土曜日も休めるのは、1ヶ月に1度か2度あるだけ。日曜日は毎週休みですが、ストレスが溜まってしまっていたんですね。

その日は土曜日で、仕事帰りにお買い物をしようと思ったんです。週にたった1日しかない休日を、人混みの多いところで過ごすのが嫌いなんです。その日も仕事帰りに買い物を済ませようと思っていました。

ところが、です。ショッピングセンターで急に呼吸が整わなくなり、帰るために急いで駅に向かいました。しかし、改札に入った時には激しい吐き気を感じていて、トイレにこもりました。結局吐かずにすみましたが、歩いているとそのまま倒れてしまいそうな感覚も出てきました。その時駅のホームにいた私は、すぐ近くにいた駅員さんに声をかけ、休憩室で休ませてもらうことに。

ですが全く良くならず、それどころか手足のしびれが出てきてしまいました。もうパニック状態だったので、救急車を呼んでもらい、都内の総合病院で点滴してもらいました...。

 

...次へ続く

 

 

3years.hatenablog.com