3年後の私をつくろう

2年目に突入。振り返ったとき、このブログが転機になったと言えるように。そう願っています。

1年の半分を過ぎ、自分の抱えているものを棚卸ししました

7月まであとすこし。今後のブログについて、それから今年1年について書きました。

生きることとは、充実を重ねることだと思った。

誰かから聞いた話ではなくて、ふとそう思いました。

(毎日1つずつ日記)0620:雨の日のカメラ散歩

毎日新しいことを1つずつやっていき、ネガティブを小さくしていこうとする試みです。 今日は雨の中、仕事帰りの新宿駅にて、写真撮影を楽しみました。

(毎日1つずつ日記)0619:『色彩を持たない多崎つくると〜』読み始めました。

毎日1つずつ日記、2記事目です。 今日から写真にある、村上春樹著『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を読み始めました。

毎日新しいこと日記をはじめます

新しいことをやっていこう 毎日1つずつ、新しいことを試してみようと思っています。 きっかけは昨晩のブログ記事に書きました。

毎日1つずつ新しいことを試してみる

購読しているブログのなかで、今のわたしに対するアドバイスを見つけました。 www.notti-blog.com 『仕事は楽しいかね?』という本を読んだ、上のブログ管理者のあいすさん。ブログ記事では、毎日1つずつ、なにか新しいことを試すようにしていると話されてい…

『「生きる意味」見つける』という新聞記事を読んで。

部屋の掃除をしていたところで、気になる新聞の切り抜きがあったので書きました。

noteのラジオで紹介していただきました

主にTwitterでの交流があるライター、ブロガーのみっつん(n) (@mittsn32n)さん。 はてなブログは毎日1~3記事更新している方ですが、noteで音声ラジオにチャレンジしています。この度わたしについて語ってくれました。

写真と人のつながり

先日のフォトウォークでの1枚 写真を撮ることには、いろんな意味があります。 絵画のように、景色を切り取って楽しむこと。そこにあった存在を、記録として残すこと。 さまざまにありますが、人とのつながりをもたらしてくれることも、忘れてはなりません。

衛星放送を見るには、分配器が必要でした

NHKとは衛星放送の契約をしていますが、今までなぜか見れずにいました。地上波だけの状態です。 それがさきほど、ようやく見れることが判明しました!「分配器」をさっそくポチりました。

『水滸伝』暗殺部隊のリーダー、公孫勝がついに...!

第16巻「馳驟の章」では、宋という国を影から支える組織「青蓮寺」を急襲する内容です。 全19巻ですので、クライマックス寸前!! 今回は、味方「梁山泊軍」の暗殺部隊を指揮する公孫勝を紹介します。

(日記)この時期は憂うつになります。

2週間前くらいから、気持ちが下降気味なようです。気分は上がってはすぐ下がる。1日良いと3日悪い、という感じです。